神経内科

トップメッセージ

第一内科の神経内科は、粒の揃った多様な専門医がシンプルな連携を取る自己組織化したグループです。「汝、何のためにそこにありや」を心に、“わからない”ことを解き明かす喜びをベースに自律的な活動をしています。
医学は不確実性の科学です。“何をしたか”だけでなく、“何をしようとしたか”をより高く評価します。そして、患者さんの「受診してよかった」が最高の評価になります。

医学生・研修医のみなさんへ

スタッフ紹介

浜松医科大学医学部付属病院診療案内

一人ひとりの患者さんに寄り添い、
問診~診察~検査~診断~治療を行います。

本学神経内科は問診・診察を重視し、基本に忠実な診療を心がけます。
目の前の患者さんに対して
「問診をもとに診察をどのように組み立てるか」
「問診・診察をもとにどのような病態を想定し、高位診断・鑑別診断するか」
「患者さんが何について最も困っているか」
を重視するからです。

日常診療では、Common diseaseから超希少疾患まで幅広い患者さんに出会います。全ての患者さんに対して、身体的・精神的・社会的な状況を総合的に把握し、その辛さに寄り添い、解決策を探ります。

大学病院と市中病院をバランス良く経験して、
キャリアを積んでいきます。

本学神経内科の歴史は40年以上になりますが、時間をかけて静岡県内の医療体制を整えてきました。例えば日本神経学会の教育施設数について、より長い歴史を持つ大学を有する各都道府県と比較しても、遜色のない施設配置・人員配置となっています。

静岡県内の教育施設9つのうち、6つが本学神経内科の関連施設です。県内外の関連施設や大学を経験しながら、地域・世界に貢献するGeneral Neurologist、Specialistを育成し、生涯教育に繋げます。

本学神経内科の出向・関連施設については、こちらをご参照ください。

市中病院で施行件数の少ない検査、
治療法などを効率的に習得できます。

神経内科学の診断法の進歩に伴い、近年は筋生検・神経生検・電気生理学的検査の施行件数が全国的に減少しています。このため、市中病院だけを巡るキャリア形成では、これらの専門的な検査の習熟度が劣るリスクが高まります。当院では、毎年10件前後の生検を行うなど、専門的・侵襲的な検査についても経験することが可能です。

また、腎臓内科や輸血・細胞治療部の協力・連携の下、血液浄化療法や免疫グロブリン大量静注療法などによる免疫介在療法にも力を入れています。

世界に通用する診療・研究レベルを維持し、
客観的に評価されています。

本学は国際機関の調査では、本邦の医学部81のうち24位タイの評価となっています。(Times Higher Education (THE)世界大学ランキング2018)。当科は学内他科や学外神経内科との診療・研究ベンチマーク比較において、常に中位より上の評価を受けてきました。
Times Higher Education2018

研究面ではこれまでに代謝性神経疾患を中心に新たな知見、先駆的な知見を発表してきました。代表的な業績については、こちらをご参照ください。

スタッフの多様性に配慮し、
多彩な働き方・生き方を支援しています。

本学神経内科は、これまで
「専門医取得後に燃え尽き休職に陥った医師への復職サポート」
「育児中の女性医師に対するSustainableな働き方のサポート」
など個々の関連施設スタッフの状況に応じ、多彩な働き方・生き方の支持を行ってきました。

近年の日本神経学会総会シンポジウムでも、育児支援制度・ワークシェアリングについての発表を本学神経内科の関連施設スタッフが行っています。
発表抄録はこちら

他科同様に、女性医師支援センターや病児・病後児保育室「ふわり」などソフト・ハード両面の支援体制も活用し、人生100年時代に適応した人材育成制度を構築します。

  • 病児・病後児保育室 ふわり
  • 浜松医科大学 女性医師支援センター
  • ふじのくに女性医師支援センター

お知らせ